猫の最適温度は何度?留守番の時はどうしたらいいの?を解決!

猫との生活では、最初のうちはわからないことだらけ。

猫にとってどうしてあげたらいいのか、

 

猫の最適な室温や、どうしても留守番をさせないといけない時など、どうしたらいいかわかりませんよね。

今回はそれらのことについて説明していきますね!

猫の室温はどれくらいにしたらいい?

猫にとって最適な室温はどれくらいなんでしょうか。

一般的に、21℃から28℃と言われています。

だったら、夏は21℃でもいい?

と思いがちですが、温暖差がひどくなるので、夏では27〜28度くらいが猫にはいいようです。

うちの猫も、エアコンの冷たい風があまり好きではなく、冷えすぎるとベットにもぐりこみます。

ですので、夏でも27〜28℃くらいに設定をしています。

人間には暑いのですが・・・・

猫にとって適温が、人間にとっては暑い・・・

そんなときどうしたらいいのでしょう?

猫の適温を守るには?

まずは、猫が自由に部屋を行き来して、自分にとって快適な場所を見つけられるようにしてあげることが大切だと思います。

例えば、他の部屋への扉を開放して、夏のエアコンが寒いときには暑い部屋へ行けるようにするとか、

冬で寒いときには猫のベットや敷くタイプのヒーターをおいてあげて、そこに自由に行けるようにするなどです。

冬なんかは、暖かい部屋と、寝る部屋の室温がかなり違いますよね。

だいたい温度差が10℃くらいになると、体調を崩しやすくなります。

ですので、猫の寝床を暖かくしてあげることが大切ですね。

 

猫自体が快適な場所を探すので、それに任せる感じです。

でも、最近の夏の暑さは尋常じゃないので、熱中症も心配。

数時間でも留守番させるときはエアコンをつけておいてあげるか、風通しを良くしましょう。

風通しを良くするために、外の窓を開ける場合は、脱走防止を忘れずに!

猫自身、暑さより寒さの方が苦手のようです。

しかし、猫の種類によってそれも違うので、適正温度を守りつつ、猫の反応を良く観察しましょう。

そして、気にしてあげたいのが湿度。

猫は毛まみれなので、乾燥すると静電気も起こるし、適切な湿度も大切です。

それは人間も同じなので、50%以上は湿度があるようにしましょう。

夏も冬もエアコンで乾燥しがちなので、うちは年中加湿器フル活動ですね。

乾燥すると、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

乾燥している方が、ウイルスは元気なんですね。

ですので、加湿もしてあげましょう。

 

留守番の時はどうしたらいいの?

猫は留守番ができます。

うちは2泊くらいまでなら、準備を万端にして留守番してもらいます。

犬を飼っている人は、ペットも可の宿泊施設に連れて行ったりもしていますが、

猫は環境の変化を嫌いますので、留守番の方が猫にとってはいいです。

そして、猫は単独行動が多く、独立心が強いため、孤独はあまり感じません。

うちなんかは、3匹もいますので、孤独はないんですけどw

でも、1匹でもちゃんと留守番できますよ。

その代わり、万全の準備が必要です。

留守番の準備って何をしたらいいの?

猫を留守番させる場合、食事とトイレ、水を多めにしておく必要があります。

猫のトイレを片付けてあげられないので、1個余分においておくといいと思います。

また、猫は食事を数回に分けて食べる習性があるので、ご飯を多めにおいておいたら自分でいいように食べてくれます。

ですので、しっかりとした量を置いておいてあげましょう。

うちでは、少ないより多い方がいい!と思って、たくさん器を用意して、餌を何個も置いていきます。

給餌器もありますが、倒れていたとか、壊れたとかいう場合もありますので、これは、カメラ付きのものを購入された方がいいと思います。



外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP

給餌器と一緒に、倒れたりしてダメになった時用に餌を置いておく方が安心な気がします。

 

また、給水器は必要ですね!

器に入れていて、ひっくり返したらもう終わりです。

うちの猫は、一時期水遊びにはまっていて、器の水を全部外に出すというアグレッシブな行動を見せてくれたので、給水器は欠かせません。

水は重たいので、倒れにくいので給餌器よりは信用できます。

しかし、1つだけでは心配なので、我が家では3つ置いています。

猫も3匹ですしね。

ここで売っています。



検索窓に『水』と入れると、商品が出てきます。
あと大切なのは、季節に応じた室温!

夏や冬ならエアコンが必要です。

しかし、暑すぎたり、寒すぎるのはダメです。

夏なら27℃から28℃

冬なら25℃前後がいいと思います。

猫が暑すぎたり、寒すぎたりしたときに逃げれる場所を作っておくことも大切ですね。

ですので、冬は日中にタイマーをかけて置いて、夜はしっかりあったかい寝床を用意したらいいと思います。

 

また、遊ぶものがないと猫もさすがに退屈します。

しかし、ひも状のものや、小さいものなど、誤食が心配されるものは片付けておきましょう。

 

2泊以上となると、流石に猫のトイレの片付けや、食事の補給などが心配されます。

ペットシッターさんに頼むとか、知り合いに様子を見てもらうなど、工夫しましょう。

留守番の時に注意すること

留守番をさせるにあたり、注意することがあります。

それは、脱走防止です。

夏だからといって、窓を開けて出るなんてダメですよ!

猫が脱走したら、帰ってこないかもしれませんし、事故にあう可能性もあります。

窓にはしっかり鍵をかけて、脱走の予防をしてください。

 

また、猫が部屋で遊びまわった時に、落ちてきたら危ないもの、壊れたら困るものも片付けておきましょう。

まとめ

猫の適温や留守番など、猫を飼う前に知って置いてもいい情報をお伝えしました。

猫を飼っているからといって、全く旅行ができないわけではないですよ。

2泊くらいなら大丈夫!

その代わり、安全対策と準備はしっかりとやって置いてください。

そして、猫は暑いより寒い方が苦手!

とはいっても、近年の夏は暑すぎるので、しっかりエアコンを入れてあげるか、風通しをよくしましょう。

風通しを良くする場合、脱走防止を欠かさずに!

事故にあっては大変です。

猫にとっても、人間にとってもちょうどいい距離感で暮らしたいですね♪

 

生活