猫の尿路結石の症状と受診方法!治療や食事療法はどうなるの?

2018-02-24

猫のおしっこをきちんと確認したことありますか?

ペットシーツタイプのシステムトイレなら、色がわかるのですが、砂が固まるタイプや

にゃんとも清潔トイレの茶色のマットなら、猫のおしっこの色が観察しにくいと思います。

しかし、猫のおしっこはとても重要な情報をくれるのです。

特に気をつけたいのが、猫の尿結石。

我が家の猫は、3匹いるのですが、3匹中2匹がこれになり、治療食を食べている状態です。

ですので、とても身近な病気です。

今回は、猫の尿結石について説明したいと思います!

猫の尿結石ってどんな症状があるの?

猫の尿結石の症状は、どこにできたかによって変わってきます。

膀胱にできている場合

血尿、頻尿(尿の回数が多いが、1回量は少ない場合が多いです)

排尿痛があるので、トイレでうずくまっている。尿の量が全体的に少ない。

尿道にできている場合

尿道は細いので、尿道が詰まってしまって排尿が難しくなってトイレでうずくまっている。

膀胱はパンパンでおしっこ出したいのに、出ないからしょっちゅうトイレに行く。

膀胱から尿が溢れて尿失禁を起こす。

という症状が現れます。

尿道閉塞は特に雄猫に多いです。

怖いのは完全に詰まってしまった場合です。

膀胱がパンパンになって、腎臓でおしっこを作るのに出すところがないと、急性腎不全や、尿が体内にたまりすぎて尿毒症になってしまいます。

猫の場合、体が小さいので、3日間尿が出ないと死亡する確率が高くなります。

おしっこしてなくない・・・・?と思ったら、すぐ動物病院に連れて行きましょう。

腎結石

腎臓にできている場合、膀胱に症状はないので、無症状の場合が多いですが、腎臓はおしっこを作るところなので、そこに石が大きくできてしまうと、正常に尿ができずに腎不全になったり、腎臓に尿が溜まって水腎症という病気になってしまいます。

 

これらの症状のうち、膀胱結石と尿道結石をFLUTD(下部尿路疾患)と言います。

この言葉は見たことがあるのではないでしょうか?

市販の猫のご飯にも、これに対応しているご飯が売っているので、無意識に見ていると思いますよ。

どうやって気付いてあげる?

我が家の場合、血尿で気づきました。

我が家は白い猫マットを使用しているので、尿の色を観察できるようにしています。

それで気づきました。

血尿があった時、なんせ3匹いるので、一体誰が血尿を出しているのか!

判断するのが大変で、1匹1匹隔離して尿を観察しました。

 

そのほかで気付いてあげるのは、普段から尿の回数や量から見てあげることだと思います。

猫は、体重1kgあたり22〜30mlの尿をします。

つまり、4kgの体重の猫なら、1日に100mlほどの尿をするということになります。ただし、飲んだ水分量などによって左右されます。

また、猫は1日に2〜4回の尿をしています。

やたらとトイレにいって気張っているような姿を見せたり、極端に回数が少ないと病院に連れて行った方がいいでしょう。

尿の量や回数を調べるには、

固まるタイプの砂の場合、毎日掃除すると思うので、何回おしっこしているかよく観察してあげてください。

個人的には、尿の色がわかるように、白いマットを使用したシステムトイレをお勧めします。

最近は、にゃんとも清潔トイレも白いペットシーツタイプもありますし、ユニチャームペットデオトイレは白いです。

ですので、観察しやすいそれらがお勧めです。

おしっこの正常な色はどんないろ?

猫のおしっこの色は、ジャスミンティーに似た色です。

やたらとキラキラしたものが入っていたり、オレンジ色や赤色、透明に近い黄色などは異常が見られています。

キラキラしたものは、尿結石の場合があります。

心配なら、先ほどのやり方で尿を採取し、速やかに病院に行きましょう。

どうやって尿を採取するの?

病院に行く時、尿は持って行った方がいいです。

我が家はシステムトイレなのですが、マットを外してトレーだけにして、尿を採取できるようにしました。

そうすると、すぐに瓶などに尿を入れて病院に連れて行くことができるからです。

その際は、トレーを綺麗に洗っておいてあげてください。

なるべく不純物が入らない方がいいです。

 

そして、固まるタイプの猫砂の場合、猫砂の上にラップを敷いて、なんとか採取することもできると思います。

もしくは、プラスチックトレーなどをおしっこしようとした猫の下に入れて、直接取る方法もあります。

どちらにしろ、猫に付きっきりになりますが、猫のため!

頑張りましょう!

 

猫のおしっこは3時間以上経つと成分が変わってしまうので、病院に行ったら、受付に症状を説明し、尿を持参していることを伝えましょう。

病院に行くまでは、冷暗所に保存します。

量的には、5〜15mlの量があればいいです。

だいたい1回分の量ですね。

どちらにしろ3時間以内に病院に行かないといけないので、1回分を持って行きましょう。

 

病院に行ったらどんなことをするの?

これは、医師によって違います。

我が家の場合、尿を採取して行ったので、顕微鏡で見て尿結石をすぐ確認できました。

それで診断をつけて、治療を開始しました。

 

尿をどうしてもとれない、尿が時間が経っているなど、医師の判断によっては尿検査を病院でします。

その尿の採取方法は、膀胱穿刺尿道カテーテルなどがあります。

膀胱穿刺は、お腹の膀胱の部分に注射を指して、尿を採取します。

不純物のない尿が取れるので、正確な診断ができます。

針は細いので、心配はいりません。

 

尿道カテーテルの場合、その名の通り、尿道に細い管(カテーテル)を入れて、膀胱まで挿入し、おしっこを採取します。

これも不純物のない尿が取れますが、やり方や暴れる子は尿道を傷つけてしまう恐れもあります。

 

とったおしっこを検査するのですが、まずは顕微鏡で固形成分を調べて、尿結石がないかを見ます。

そして、慢性腎不全があると尿蛋白というものが出るので、その尿蛋白を調べたり、ぺーハーを調べます。

ペーハーとは酸性とアルカリ性の度合いを数字で表したものですが、尿結石の目安になります。

あとは、出血しているかどうかも判断できます。

尿石にはどんな種類があるの?

先ほど説明したFLUTD(下部尿路疾患)は、マグネシウムが多い食事によってかかりやすいなど言われますが、年齢や体質、カルシウムや摂取したミネラルのバランスも関わってきます。

猫がかかる尿結石の種類は2種類あって、マグネシウム由来のストルバイト、

カルシウム由来のシュウ酸カルシウムがあります。

ストルバイト

だいたい1歳から6歳の成猫期に多いです。

尿のペーハーがアルカリ性になると結晶化しやすくなります。

シュウ酸カルシウム

7歳から高齢期、11歳からの老齢期の猫に多いです、

尿のペーハーが酸性になると結晶化しやすくなります。

治療はどんなものがあるの?

ストルバイトとシュウ酸カルシウムで治療法が違います。

ストルバイト

ストルバイトは、尿を酸性に傾けることで溶けるので、食事療法がメインになります。

まずは、尿結石で膀胱が傷がつき、膀胱炎も発症していることが多いので、抗生物質の投与も行います。

ストルバイト用の食事に切り替えると、徐々に血尿も収まり、症状が落ち着きます。

だいたい10日くらいで改善が見られると思います。

大きい結石ができていて、どうしてもとけない場合は、手術で取ることもありますが、我が家の体験上、食事療法でうまく行く場合が多いと思います♪

 

ストルバイトの場合、体質も大きく関係しているので、ご飯を普通に戻してしまうと、再発してしまう可能性が高いです。

ですので、一度かかってしまったら、治療食を食べてもらうのが安心でしょうね。

シュウ酸カルシウム

厄介なのが、このシュウ酸カルシウムです。

食事療法じゃ治りません。

食事療法じゃ溶けないのです・・・・

ですので、大きな結石ができてしまったら、手術で取り除くしかないのです・・・・

 

我が家の猫は、10歳でもストルバイトでした。

ですので、年齢で判断せず、必ず医師に見せてください。

 

予防にはどうしたらいいの?

予防するにはどうしたらいいのでしょう?

説明して行きますね!

ミネラルが少ないフードを選ぶ。

FLUTD(下部尿路疾患)予防のキャットフードはたくさんあります。

できれば、ヒルズやロイヤルカナンの方がしっかり管理されていて安心です。

症状が出てしまう前に、食事をしっかり管理してあげるのも予防の一つです。

水分量を増やす

尿結石は、おしっこが濃くなると結晶化が進みます。

ですので、しっかり水分をとって、尿を薄めればいいわけです。

そうは言っても、人間のように、

「お水飲んでね〜」

といえば飲むというわけには行きません。

そのために、ドライフードとウェットフードを半々にして、食事から水分を摂るようにしてあげるといいと思います

ウェットフードには水分が含まれていますし、猫も大好きですよね!

おしっこのペーハーを中性にたもつ

おしっこのペーハーによって、ストルバイトやシュウ酸カルシウム結石になりやすいです。

ファインペッツキャットフードのように、猫が食べた後、ちゃんと中性を保ってくれるようないいご飯もあります!

ストルバイト結石の予防は空腹時間!

猫で最も多い結石がストルバイトです。

これの予防は、ずばり!

『空腹時間を作る』

です!

空腹時間を作ることでおしっこが酸性に傾きます。

そして、食後は胃酸が出るので、おしっこがアルカリ性に傾きます。

これを利用して、空腹時間を作り、食事の回数を減らすことで、胃酸が出てアルカリ性に傾く回数を減らすことができます!

ご飯は、朝と夕の2回に分けるのですが、お腹が空いてたくさん食べすぎないように、量は調整してあげてくださいね。

消化の良いフードを与える

消化の悪いフードは、ウンチに水分を持って行かれるので、尿量が減ってしまいます。

ですので、食事は、肉食材を使った高タンパクな食事がいいです。

ただ、『FLUTD(下部尿路疾患)予防!』

と書いてあっても、安いものだと高タンパクに作られていないものもあります。

ですので、やっぱりしっかりしたメーカーの食事をさせてあげる方がいいのです。

お勧めキャットフードは?

カナガンシンプリーモグニャンジャガーなどは、動物性タンパク質も多く、添加物も少ないのでお勧めです。

カナガンは安心のグレインフリー(穀物不使用)で、人口添加物も不使用です。

穀物が入っていると、消化が悪いので、穀物不使用は猫のお腹に優しいですね。

しかも穀物は、皮膚のトラブルや猫のアレルギーも引き起こしやすいと言われています。

そういった意味で、穀物を使っていないカナガンはオススメです。



イギリス最高級のグレインフリーキャットフード。添加物が少なく、高タンパクで消化もいいです。
『カナガン』

定期コースで20%オフなので、定期コースがオススメです。

 

猫によって好みがあるので、他にもご紹介しますね。

シンプリーは栄養学者と共同開発したご飯です。

猫の本来の姿である高タンパクを叶えてくれるご飯です。

これも穀物を使用していません。

サプリメントを使用している人は、これを与えていたらサプリメントもいらないそうです。

シンプリーが手に入るのは、下のサイトのみです。

定期コースは20%オフなのですが、まずは気にいるかわからないので、一回購入してみてはどうでしょうか?

それで気に入れば定期購入したらいいと思います。



栄養学者と共同開発した
プレミアムキャットフード『シンプリー』

 

もう一つご紹介しますね。

このジャガーは、高品質は英国さんの平飼いチキンや鴨肉、サーモンをメインに新鮮な食材のみを厳選して作られています。

信頼ある英国生産工場で厳正な管理者と製造しているので、安全面も安心です。

人間も食べて大丈夫なくらいだそうです。

猫にとって大切なビタミンも豊富なので、これもサプリメントが不要になると思います。

 


いつも隣にある贅沢。プレミアムキャットフード『ジャガー』

最後に、モグニャンは、白味魚が63%も入っていて、高タンパクの理想形です。

穀物や人工添加物は一切使用していないので、人間も食べられます。

魚の質にもこだわっていますので、猫にとっていいことづくめです。

匂いもよく、猫の食いつきもいいです。

うちの子もよく食べます。



愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

たくさん紹介したのは、それぞれの猫に好みがありますから、食べないことがあるからです。

色々与えて見て、一番よく食べるものにしてあげてください!

終わりに

尿結石は、猫にとって身近な病気です。

飼い主の私たちの観察力が求められます!

1匹だけなら観察もしやすいのですが、我が家のような多頭飼いだと発見が遅れがち。

そんなことがないように、しっかり観察してあげましょう。

そのためにも、尿のペーハーを時々測ってあげたり、尿の色を観察できるように工夫したり、食事を気をつけるなど、してあげられることはたくさんあります。

しっかり観察して、素敵な猫ライフを送りましょう♪

2018-02-24病気