猫アレルギーについて学ぼう!猫アレルギーになったら猫は飼えないの?

猫が大好きな人は、絶対かかりたくない猫アレルギー。

猫アレルギーになってしまったら、猫は飼えなくなるの?

と思っている人も多いと思います。

どうでしょうか?

今回は、猫アレルギーについて、原因や治療、発症したらどうしたらいい?

について解説して行きたいと思います!

猫アレルギーって何?

猫アレルギーは、主に「猫のフケ」でアレルギー反応を起こします。

調べるには、採血をして、「猫のフケ」の項目を調べてもらうことになります。

しかし、近年の研究では、猫の唾液に含まれるタンパク質がアレルギー反応を起こすと考えられているそうです。

うちの猫は、なでなですると、喜びすぎでよだれの滝になるので、アレルギーの原因だらけですねw

症状は人によって違うのですが、目がかゆい、鼻水がでる。

皮膚がかゆい、顔が腫れる。息が苦しいなど、重症度も様々です。

今はないけど、なることはあるの?

今は猫アレルギーじゃなくても、猫アレルギーになることがあります。

スギ花粉の花粉症じゃなかったのに、いきなりなった!というのと同じです。

生物には、有害な部室が体内に入った時に排除する機能があるんです。

これは、免疫機能と言いまして、風邪にかからないようにウイルスを排除するのと同じですね。

しかし、特定の物質に対してこの機能が過剰に働いてしまうことがあるんです。

これがアレルギーと言います。

アレルギーを引き起こす物質をアレルゲンというのですが、それぞれ許容限度があるんです。

コップにアレルゲンが溜まって、だんだんと溢れてきて、発症する感じですね。

ある日いきなり出るのではなく、徐々に出てきます。

ですので、今は猫アレルギーはなくても、ある日を境に猫アレルギーの症状が出てくるということもあるわけです。

治療することはできるの?

花粉症の人はよくわかると思うのですが、完全に治ることはありません。

症状を抑える薬を使用して、なるべく症状を軽くするしかできないんです。

減感作療法といって、アレルゲンごくごく微量ずつ与えて体を慣らし、アレルギー反応が起こらなくなる治療もあるのですが、しているところが少ないですね。

もし発症したら、猫とは暮らせないの?!

もしいきなり発症したら、猫とは暮らせないの?

と不安になった人もいるかもしれません。

でも、症状によっては大丈夫です。

換気や水拭きなど、生活しているところから、なるべくアレルゲンを減らしていくのです!

そして、抗アレルギー剤の服用でアレルギーを抑えていけば、猫と暮らせます。

主に猫アレルギーの症状を抑えるために、飼い主ができることをあげて行きます。

カーテンを洗う。

カーテンには、意外に猫の毛やホコリがすごいついています。

丸洗いできるカーテンにして、まめに洗濯するようにしましょう。

布団のシーツはまめに洗濯。布団も天日干し

猫と一緒に寝る人は特に、シーツはまめに洗濯しましょう。

そして、布団も天日干しにするか、マットレスなら掃除機をかけて、猫の毛をしっかり吸い込みます。

最近は、アレルゲン対策を施した商品もあります。

また、布団を丸洗いしてくれるところもあります。




うちは旦那が猫アレルギーなので、猫と一緒に寝ないようにしています。

一緒に寝ると、どうしても鼻が詰まったり、症状がひどくなるので。

悲しいのですが、共存するために工夫も必要なのです。

毎朝窓を開けて換気を。空気洗浄機も使用して

室内に浮遊するアレルゲンを外に出すために、換気をしましょう。

空気洗浄機をフル活動するのもいいですよ。

びっくりするくらい猫の毛を吸い込んでいます。



エアコンのフィルターはこまめに掃除

エアコンのフィルターにはアレルゲンがたくさん付着しています。

まめに洗うか、掃除機をかけましょう。

かベや家具の水拭きが効果的!

掃除機だけではなく、壁や床、家具などを水拭きすると、アレルゲンが拭き取られて、かなり効果的です。

まとめ

猫アレルギーは、人によって症状の重さが違います。

やはりきちんと受診して、医師の診察を受けましょう。

そして、生活の中で工夫できるところはしっかり工夫して、猫との生活を諦めなくてもいいようにできたらいいですね!

 

生活